トップ | 社員紹介 | 曲げ工程 T・T

プロフィール

写真 【現職】技術職 曲げ工程担当
【社歴】20年目

ページトップへ

自分の技術力向上のために転職を決意しました。

写真 ――東京製鎖に入社されたきっかけは何ですか?
一つの作業だけでなく、曲げや組立、塗装など幅広い業務に携わりたかったからです。前の会社では加工のみを行っており、そこではリーダーの指示通りに働く毎日で技術力向上にも限界を感じていました。自分の技術を高めるためにも、様々な工程に携わりたいと思い転職を決めました。

――現在の仕事内容を教えてください。
現在は、「曲げ」という工程を担当しています。まず曲げ指示書を基に、頭の中で完成形をイメージします。そしてそのイメージをもとに専用の機械に寸法や曲げる角度のデータを入力して、材料をプレスしていきます。長年の経験から得た感覚で数値を決めていくので、難しい仕事ですが頭に描いたものが完成したときの達成感はひとしおです。

ページトップへ

尊敬する先輩に一歩でも近づくことが、私の目標です。

――印象的な思い出を教えてください。
私が今までに一番印象に残っている事は、一人の偉大な先輩に出会ったことです。その方は今までになかった物を新たに作り出す、まさに一流の技術者でした。例えば、一昔前によくオフィスで見かけたスチール製のシャッター付き引出し。これを自分で手作り製作したと言うんです。入社した当初、引出しを指さして「これ、どうやって作ったと思う?一枚の鋼板を使って曲げ加工のみで作ったんだよ」と言われたときは、本当に驚きました。

――すごい方が身近にいらっしゃったんですね。
そうなんです。先輩はなんでも曲げることができたんです。普通は、使用する材質の堅さや厚みによって曲げることにも限界があるのですが、他の方が苦戦する中、その先輩はいとも簡単に曲げていたんですよ。まさに熟練の技術という感じでした。今後は、その先輩に一歩でも近づけるよう技術力を高めていきたいです。

ページトップへ

ページトップへページトップへ

東京製鎖株式会社
東京製鎖株式会社
〒340-0002
埼玉県草加市青柳7-22-38
Copyright(C) 東京製鎖株式会社