トップ | 社員紹介 | H.K さん(職長)

メイン画像

大きな責任とやりがいを
感じながらファッション業界の
「裏側」を支えています。

会社見学を機に、迷わずココを選びました

写真 ――まずは、入社までの経緯を教えてください。
高校生のとき、進路相談をしていた先生に「ファッション業界の裏方の仕事は面白いよ」と勧められ、当社の見学に行ったのが「東京納品代行」との出会いでした。実際に見学してみて、国内外アパレルの様々なブランドが集約されており、検針や値札付けなどを一貫して行っていることにとても感動したのを覚えています。デパートなどに売られている洋服の「バックヤード」というものに、強い関心を持った瞬間でしたね。その後、就職活動を経て無事入社することができました。

――現在担当している業務内容を教えてください。
朝8時半に出社して、お昼頃まで値札のデータ処理や、お取引先であるメーカー様や百貨店とのタイムスケジュールの摺り合わせなどを行います。午後は、現場でのマネジメント業務を中心に行う、いわゆる「現場監督」のような業務を担当しています。部署内には4名の社員と20名のパートが在籍しているので、それぞれの進捗を確実に把握し、時間内に業務を終えるようにするのが私の役割です。

ページトップへ

意見やアイデアを出し合えるフラットな職場

写真 ――入社後は、どんなフォロー体制がありましたか?
新入社員は全体研修を2週間受けた後、部署ごとに分かれて更に研修を受けます。新卒入社で社会人として働く不安もたくさんありましたが、当社の企業理念や事業について詳しく学ぶことができました。その後はOJTで先輩から丁寧に仕事の流れを教えていただけるので、着実に成長していける環境があると思います。

――嬉しかったエピソードなどはありますか?
主な作業は、「商品値札の作成」と「値札を付ける」という2つの工程で、工程ごとにパートスタッフが配置されています。ここで大変なのが、値札の作成です。メーカー様によって値段の表記位置などフォーマットが違うので、商品によって確認する位置はいつもバラバラ。見にくく、ミスに繋がりやすいと思った私含む部署内のスタッフで上層部にフォーマットの変更を依頼し、それが実現されたときには、自分の意見が反映されたことにとても喜びを感じましたね!

ページトップへ

役職者としてみんなを引っ張る存在でありたい

写真 ――今後の目標を教えてください。
私は2016年「主任」に昇格、2020年には「職長」に昇格し、さらに責任を持った仕事に従事しています。役職者として更に視野を広く持てるようにし、全員で意見を出し合いながら今以上に作業効率を上げていくことが目標です。また、後輩への指導も担当しているので、一緒に働く新人スタッフ達が一人前になれるよう、自ら進んで確かな知識と経験を身に付けていきたいです!

――最後に、入社を検討されている方にメッセージをお願いします!
毎日止まることなく流通している商品を、滞りなく次のラインへ送り出す。朝は商品でいっぱいだった倉庫が、帰る頃には空になる。そんな日々の達成感を味わいながら一緒に働ける仲間をお待ちしています!分からないことは、私を含め先輩スタッフが丁寧に細かく指導するので、安心して入社してくださいね。

ページトップへ

ページトップへページトップへ

東京納品代行株式会社
東京納品代行株式会社
〒272-0002 千葉県市川市二俣新町22番8号
Copyright(C) 東京納品代行株式会社 採用特設サイト