トップ | 会社について | 事業紹介

事業紹介

安全で高品質なジェネリック医薬品で、すべての患者さまの医療費負担を軽減

写真 患者さまのことを第一に考えながら薬剤師の職能を存分に発揮することで、国民の健康維持に貢献する『医薬分業』を推進している日本調剤。“真の医薬分業”を追求し、たどり着いた先が「ジェネリック医薬品の普及」でした。
そして、2005年に日本調剤の100%出資子会社として日本ジェネリックが誕生。日本調剤だけに留まらず、日本の医療現場全体へのジェネリック医薬品の普及促進を行っています。
現在、少子高齢化問題や医療費増大などにより、ジェネリック医薬品への関心が高まっている。その中で、患者さまにより安心してお使い頂けるジェネリック医薬品を、製造・販売し続けることが、私たちの使命です。

ページトップへ

研究開発、製造、品質管理、情報提供… 当社が関わるすべてにおいて“高品質”を目指す。

写真 私たち日本ジェネリックは、フルライン・ジェネリック医薬品企業として多種多様なジェネリック医薬品を提供しています。有効性や安全性を入念に確認し、確かな品質基準を満たした製品の研究開発。安定的に供給し続ける物流インフラ。安全管理や品質保証などの製造体制の構築。経験豊富なMRによる情報交換。これらが一体となることではじめて、患者さまはもちろんすべての医療従事者から評価される医薬品企業へと成長できると確信しています。

ページトップへ

ジェネリック医薬品に対するこだわり

写真 創業当時から高品質と安定供給を実現してきた当社。これを継続するために当社がこだわるのは、医薬品の研究・開発へ投資し、先発医薬品よりも優れた医薬品を開発し続ける事です。MRを増やして製品の認知度を高めるのではなく、研究費に費やすことでより高品質を保ち、医療現場から当社を評価して頂けるよう、努めているのです。

先発医薬品と同じ効果・効能でありながら、錠剤の大きさや形、味などを変えることによってさらに飲みやすくするなど、当社のジェネリック医薬品には様々な工夫を施しています。添加剤などを調合することで、特許権を侵害せずとも、同じあるいはそれ以上の有効性や利便性を生み出す重要な研究に注力する事。これこそが、私たちの根幹なのです。
現在、日本調剤が運営する全国約500店舗の薬局では、実に500品目以上のジェネリック医薬品が取り扱われています。今後はこれを1000品目まで増やし、社会貢献へ繋げていきたいと考えています。

ページトップへ

ページトップへページトップへ

日本ジェネリック株式会社
日本ジェネリック株式会社
〒100-6739
東京都千代田区丸の内一丁目九番地一号グラントウキョウノースタワー39階
コーポレートサイト:http://www.nihon-generic.co.jp/
Copyright(C)